その演出大丈夫?結婚式で気を付けたい演出3選

定番のブーケトス!独身名指しはどう思う?

挙式後の余興のひとつとして定番になっているのが「ブーケトス」。新婦の投げるブーケをキャッチした人が次に幸せになれるといった、お決まりの演出です。自分の式でもぜひ取り入れたい!と思っている新婦もちょっと冷静に…。結婚適齢期を迎えた年齢のゲストが多いと、独身の方のみ前に出るよう名指しで指名されるとちょっと出にくいといったシビアな声もチラホラ。指名はせずにゲスト全員に参加してもらう、男性ゲストのみで新郎が余興を行うなど、少し気遣いがあればゲストも助かりますね。

ガーデン挙式はゲスト目線に立って…

人気のガーデン挙式はSNS映えも抜群なので、取り入れたい!というカップルも多いです。ここで注意したいのは、挙式をする時期。夏場、冬場のガーデン挙式はゲストにとってはちょっと苦痛ですよね。夏場は男性ゲストはスーツ、女性も着物の方がいらっしゃいます。暑くて体調を崩してしまう恐れもあります。冬場は薄着のドレスアップをしてきてくださる女性ゲストは大変!ガーデン挙式は素敵ですが、季節によっては短時間のみガーデンで演出を行うことに留めておく方がいいですね。

相手へのサプライズ、自己満になっていないか?

披露宴の演出のひとつとして、新郎新婦どちらかが相手にサプライズをしてみませんか?とプランナーから提案があるかもしれません。「一生に一度のことだから」と張り切ってサプライズ!しかし、相手が望んでいればいいですが、サプライズは苦手という人もいるので気を付けたいポイントですね。結婚式でのサプライズはゲストとして見ている分には感動ですが、自己満にならずに本当に相手が喜んでくれるかを事前にしっかりリサーチすることをおすすめします。

長崎の結婚式場は、人気の観光地の周辺に展開されており、荘厳なチャペルや大人数を収容できるレストランが多くあります。