単身赴任をする時に知っておきたい住まいやサービス

できるだけ手間を省いて引っ越しをする

単身赴任をするときは、たいてい一人暮らしになりますので一人暮らし用の住宅を借りる必要があります。会社の方で住まいを決めてくれることもありますが、会社が自由に選ばせてくれることもあります。もし自由に住まいを選ぶことができるならば、マンスリーマンションなどに住んでみるとよいでしょう。

マンスリーマンションの特徴は、すでに家具や電気製品が部屋に置かれていることです。つまり、引っ越しをする手間が大幅に省けることあります。もちろん、冷蔵庫などは一人暮らし用の小さいものですので追加でつけ加えてもいいですが、それ以外の家具は、たいていそのまま使うことができるため非常に便利です。

マンスリーマンションの場合は、家賃が安いのも特徴になります。家賃の何割かが自己負担の場合であればマンスリーマンションを選んで、その余ったお金を貯金に回しましょう。

様々なサービスを利用する

単身赴任でマンスリーマンションに住む場合は、クリーニングサービスなどを利用することができます。クリーニングサービスとは、定期的にクリーニング担当者が部屋にやってきて掃除をしてくれます。そのおかげで、自分で掃除をする手間が省けるため、時間を有効に使うことができるでしょう。

また、洗濯物のクリーニングサービスもあります。これは、マンスリーマンションに住んでいなくても、専門業者にお願いをすることでクリーニングをしてくれることがあります。もし気になる場合は、一度資料を取り寄せてサービスの概要を確かめてみるのがよいでしょう。

単身赴任の家具はレンタル業者から借りることができます。料金設定も明確で、購入して揃えるよりも大幅にお金を節約できます。