気をつけて!一人暮らし初心者がやってしまうミス3選

必要な食材の量がわからない

一人暮らしをするにあたって、節約のために自炊を始めようと考えている人も多いですよね。そのような方に注意していただきたいことが「食材の買い過ぎ」です。自炊初心者で、レシピ本等を見ていない限り、一人分の料理に必要な食材の量を正確に把握している人はあまりいません。そのため、何も考えずに食材を買い過ぎてしまうことがあります。そうすると、余った食材を大量に使って料理を作り過ぎてしまい、食べ切るまで日数がかかったり、最悪の場合使い切れなくて処分することもあります。自炊に挑戦しようとする人は、一人分のレシピを参考にするか、バラ売りや少量で売っているものを買うほうがベターです。

事前に要らないものを買いがち

一人暮らしでは、事前にすべてを揃えようとするのは避けたほうが無難です。例えば、凝った料理をするつもりであらゆる調理道具を買い揃えたにもかかわらず、生活が忙しくなったり、途中で飽きてしまったりして、全く使わずに無駄に戸棚のスペースをとってしまうということも起こりえます。ある程度暮らしてから欲しいと思ったもの、必要だと思ったものをその都度買い足していくと、無駄な買い物をせずに済みますよ。

郵便物を溜め込んでしまう

実家暮らしの時は、毎日誰かが郵便物を取ってきてくれるため、ポストに溜まっていくことはまずありません。しかしながら、一人暮らしの場合は、自分が回収しないと溜まっていく一方であり、重要な郵便物を放置してしまう可能性もあります。例えば、ガス料金未納の督促状が届いていた場合に、それに気づかずに生活を続けたとすると、ある日突然「ガスがつかない!」といったことが起こりえます。そのようなことにならないためにも、定期的に郵便物の確認をするようにしましょう。

家具の家電のレンタルでは、家具や家電製品をレンタルで借りることができます。急な引っ越しなどで家具を用意できなかったときに便利です。